ワーク

2020.03.27

障害者の就職 企業で長く働くには就業規則がポイント!

企業で働くためには、様々なルールを守らなくてはいけません。その中でも、10人以上の会社に法律で義務付けられており、労働基準監督署に届けられているルールを「就業規則」といいます。

障害者の就職における就業規則の向き合い方

就業規則には、

  • 社員を会社から守るためのルール
  • 社員が働く上で最低限守るべきルール

等が織り込まれています。

さらに法律で盛り込まなければいけない条文も決められています。

例えば、

  • 就業時間
  • 休憩時間
  • 休日や休暇
  • 賃金関連
  • 退職関連

などは必ず盛り込まなければなりません。

会社に入ったら就業規則は必ず守りましょう

 

☆今回の記事は動画でも公開中!今すぐチェック☆

障害者の就職における就業規則以外の社内ルールとの向き合い方

就業規則はあくまで最低限のルールなので、それだけを守っていればOKというわけではありません。

会社ごとにいろいろなルールを決められていることがほとんどで、明文化されているものもあれば、されていないものもあります。たしかに、ルールを守るのは大事ですが、体調が悪い時などはどうすればよいのでしょうか。ルールを優先して、体調不良を我慢するのは本末転倒な話です。体調を優先で上司に相談することが大事です。

また勤務時間中は自分のデスクで食べ物を食べてはいけないというルールがあったとします。この場合、体調に関係のないルールになりますので、きっちり守る必要があります。

まとめ

働くということは、まずは就業規則、そして就業規則以外の様々なルールを守るということが前提になります。

窮屈に思うかもしれませんが、こういったルールも慣れていけば当たり前のことになってきます。当たり前になれば意識せずとも守れるようになってくると思います。

 

著者情報Startline_watanabe

シェア

お役立ちガイド一覧へ

「自分らしく」働くために必
要な
お役立ち情報を
お送りしています。