ワーク

2021.05.27

【障害者雇用】休憩時間の過ごし方ってどうすればいいの?

今回は休憩時間の過ごし方について解説していきます。

まずは、自分が休憩時間をどう過ごしたいかを考えよう

今回は、「休憩時間の過ごし方がわからず不安だ」というご相談をいただきました。

まず休憩時間を自分がどのように過ごしたいかを考えてみてください。

どういう過ごし方をすればリラックスできるのか、どういう過ごし方をすれば引き続き仕事に集中できるのかを自分で知っておくことが大事です。

反対に、どういう過ごし方をすればストレスになってしまうのかも知っておくと良いです。

例えば、1人で静かに過ごしたいという方もいらっしゃるでしょうし、みんなと話しながら過ごしたいという方もいらっしゃるでしょう。

まずは、自分がどう過ごしたいかを整理してみてください。

自分がどう過ごしたいかを整理したら、それを会社側に伝えることも大切です。

休憩の過ごし方によって、仕事に影響しないという方は、伝えなくてもいいですが、仕事に影響する方は、選考の時点で会社側に伝えておきましょう。

☆今回の記事は動画でも公開中!今すぐチェック☆

休憩の過ごし方を会社側に聞くときは、その会社で働くイメージを持ちたいことを伝えよう

自分の休憩の過ごし方がイメージできず、他の社員の休憩の過ごし方を参考に聞きたい場合は、まず「御社で働くイメージを持ちたいので質問させていただきます」と伝えると良いです。

その上で「皆様は休憩時間をどのように過ごされていますか」と質問しましょう。

そうすることで会社側も回答がしやすくなるので、具体的な情報を得やすくなります。

もし、休憩時間をどう過ごしたいか、さらには「こういう過ごし方をしないとストレスになる」ということがあれば、事前に会社側に聞いて、自分の希望する休憩の過ごし方ができるかどうかを確認する必要があります。

例えば、「休憩時間には席を離れたい」「息抜きのために社外を軽く散歩したい」といった、希望の過ごし方は可能かどうか確認しておきましょう。

その希望の過ごし方をしないと、のちの仕事に影響が出るのであれば、なおさら確認が必要です。

まとめ

休憩時間をうまく過ごすには、まず自分が休憩時間をどう過ごしたいかを整理しておくことが重要です。

自分の希望する休憩時間の過ごし方を整理した上で、その過ごし方が、のちの仕事に影響するのであれば、事前に会社側に伝えておく必要があります。

例えば、「息抜きのために社外を軽く散歩したい」というように外出を伴う過ごし方を希望する場合などは、その過ごし方は可能なのか確認しておくことも重要なポイントです。

もし、休憩の過ごし方がイメージできず、会社の人がどのような休憩の過ごし方をしているか参考に聞きたいときは、「御社で働くイメージを持ちたい」というアピールをすると、具体的な情報を得やすくなります。
ぜひ参考にしてみてください。

著者情報Startline_watanabe

シェア

お役立ちガイド一覧へ

「自分らしく」働くために必
要な
お役立ち情報を
お送りしています。