ワーク

2021.12.01

一緒に課題を乗り越えることで達成感を得たい!就労移行支援るりはり支援員にインタビュー

就労移行支援は、退職後の仕事復帰や転職に向けたサービスを提供している支援サービス機関で、就職を目指す際に、就労移行支援の利用を検討されている方も多いと思います。

出典:厚生労働省『就労移行支援・就労定着支援に係る報酬・基準について』

しかし、全国に3,000か所以上あるので、就労移行支援を検討している方の中には
・どこに通えば良いかわからない
・どんな人が支援してくれるの?
・就労移行支援の雰囲気はどんな感じなの?
などの悩みがあるのではないでしょうか。

今回は、渋谷・大宮に拠点をもつ就労移行支援るりはり支援員にインタビューしました。

就労移行支援を選ぶ際の参考になれば幸いです。

ぜひ、ご覧ください。

キャンプ・スノーボード好きの社会福祉士

Q自己紹介をお願いします

▼名前
渡辺真理絵(わたなべ まりえ)

▼出身地
山梨県

地元は甲府盆地の中にある温泉地です。
そのため、高校時代は友達とよく温泉に行って遊んでいました。

また、富士山がよく見える場所にあるため、毎日富士山を見て育ちました。
富士山がある位置で現在地を確認しているので、曇りなどで見えなくなると、迷子になったりしていましたね(笑)

さらには、おいしいぶどうの産地としても有名なんです。

観光スポットでもある、ぶどう園でアルバイトもしていました。
種類も豊富なため、沢山のぶどうを食べましたが、その中でも特に好きなのは、「ゴルビー」と「藤みのり」です。

▼趣味
キャンプ

子どもの頃から庭や近くの山で秘密基地を作って遊んでいた影響からなのか、ずっと好きです。

特に、湖畔や川沿いのキャンプ場が好きで、水の音を聞きながら昼寝をすることが本当に気持ち良いですね。

年々、キャンプを通して、季節を感じられることや、炭火で焼くと何でもおいしくなる食事も楽しみになっています。

また、最近、縁があって、一眼レフカメラを手に入れたので、キャンプに持っていき、新たな趣味にしたいと思っています。

キャンプ以外ですと、家族の影響でスノーボードも好きです。
山の景色を見ながら滑るのが楽しいんですよね。(最近は気持ちと体力が追い付いていない気がします笑)

▼打ち込んだこと
社会福祉士の資格取得の勉強

元々、大学時代に社会福祉士の受験資格は得ていたのですが、長年「オフの日は楽しく過ごしたい」という誘惑に負け、受験すらしていませんでした。

しかし、社会人生活も数年経ってから、自分自身の働き方を見直した時に「やはり資格は武器になる」と思い、その後は、仕事終わりに勉強をしてから帰宅するようにしました。

最初は、覚えることも多く、大変でしたが、無事に資格も取得できたため、今では、頑張ってきて本当に良かったと思っています。

▼保有資格
社会福祉士、障害者職業生活相談員

働くことが楽しいと感じてもらいたい

Q支援員になったきっかけを教えてください

私は、「”働く喜び”を多くの方に伝えられる仕事がしたい」と考え、就労移行支援事業所の支援員になることを目指しました。

そのきっかけは、前職での経験でした。
前職は主に社会的養護を目的とした児童福祉施設(児童養護施設・自立援助ホーム)で12年程、勤務していました。

児童福祉施設に入所していた児童は13~20歳までの、中学・高校や大学等に属している方がほとんどで、アルバイトの経験がない方も多くいらっしゃいました。

高校や大学を卒業する、もしくは規定の年齢を迎えると施設から出なければなりません。
施設から出る方々の中には、ご自身で生計を立てなくてはならない状況の方も多くいらっしゃいました。

そのような方々に対しては、在所中からアルバイトで貯金をし、将来に備えてもらうケースがほとんどです。

しかし、アルバイトでお給料をもらうということは決して簡単なことではありません。
大変な思いもして働いている方もいて、よく相談を受けていました。

相談を受けている中で、大変な思い以上に「やりがいや喜び」を実感する場面に遭遇することが多々あり、私自身、働いて得られるものはお給料だけではないことに気付かされました。

そんな皆さんの「やりがいや喜び」を実感している表情や姿をみて、もっと多くの方に「大変なこともあるけど、働くことは楽しい」と感じてもらえるような仕事がしたいと考え、就労移行支援事業所の支援員になりました。

一緒に課題を乗り越えることで達成感を得たい

Q仕事へのやりがいを教えてください

前職から支援の仕事に長く従事してきましたが、誰一人として同じ支援をすることはありませんでした。
ご利用されている方のご意向や課題も、一人ひとり異なっていたからです。

前提として、一人ひとりが抱える課題をクリアし、希望の進路を選択できるようになることは、ご利用されている方、ご自身の努力の成果だと思いますが、私自身もご利用されている方々の抱える課題を一緒に乗り越えることで、同じように達成感を得ることができました。

この達成感を得るために、まずはご利用されている方からの信頼を得ることと、信頼できるチームで支援することが、大切だと学びました。

就労移行支援事業所るりはりは、新規開設の事業所ですが、様々な分野の専門知識のある支援員が集まっています。
そのため、ご利用されている方の抱える課題に対し、様々な観点から解決方法を検討することができます。

私自身、「それぞれの得意分野を生かそう」という気持ちも共通認識としてあるため、これまで経験してこなかった方法でのアプローチは勉強にもなっています。

まずはセルフマネジメントの技術を身につけてほしい

Qご利用を検討している方へメッセージをお願いします

一人ひとりに合った支援を提供したいと考えています。

しかしながら、ひとつ、ご利用される皆さまに共通して取り組んでいただきたいことがあります。
それは、セルフマネジメントの技術を身につけていただくことです。

しっかりとセルフマネジメントの技術を身につけていただき、その上でご自身の目指す、理想の働き方に向けたスキルを取得していただけるようなプログラムを多数準備しております。

詳しくは、見学・体験会の際にご説明させていただきますね。

先ほども述べたとおり、るりはりは、個性豊かな支援員がお待ちしていますので、ぜひ一度見学・体験会にいらしてください。

新しいことを始めるのは勇気がいることですが、一歩踏み出すと見え方が変わるかもしれません。

心より、お待ちしております。

▼詳細&お問い合わせはこちら▼
就労移行支援 るりはり

著者情報Startline_takano

シェア

お役立ちガイド一覧へ

「自分らしく」働くために必
要な
お役立ち情報を
お送りしています。