ワーク

2021.10.14

履歴書の添削は就労移行やハローワーク以外でも受けるべき?【障害者雇用】

障害者の就職活動において履歴書はとても重要です。

履歴書の内容次第で、面接に進めるかどうか、その会社で働けるかどうかが大きく左右します。
履歴書の内容不足により、選考する企業側にとって不明点が生じると、不採用になる可能性も高くなるため大変もったいないです。

履歴書では、どのような内容を記述し、自分の魅力をアピールするかしっかり考え、整理して記載するようにしましょう。

就職活動中の障害者の中には
・履歴書がしっかり書けているか不安
・履歴書を誰に添削してもらえば良いかわからない
・履歴書のアドバイスが欲しい
などの悩みがあるのではないでしょうか。

今回は、履歴書の添削は受けるべきか、添削先はどこがあるか、就労移行支援やハローワーク以外でもやったほうがいいかについて解説します。

参考までにご覧ください。

履歴書の添削は受けるべきか

履歴書の添削はなるべく受けるようにしましょう。

履歴書が選考で通る人は問題ないですが、通らない人は、何かしら不備がある可能性が高いので添削を受けるようにした方が良いです。

添削を受けることで、自分一人では気付かなかった視点が学べるため、より良い履歴書になります。

無料で添削してもらえるサービス機関をうまく活用しましょう。

履歴書の添削はどこで受けられるのか【ハローワーク・人材紹介サービス・就労移行支援】

履歴書の添削を受けようと思っても、どこで添削してもらえるか迷う方もいらっしゃるでしょう。
添削を受けられるところは、主に3つあります。

  • ・ハローワーク
  • ・人材紹介サービス
  • ・就労移行支援

 

☆今回の記事は動画でも公開中!今すぐチェック☆

①ハローワーク

1つ目は、ハローワークです。
まずは、お近くのハローワークへ問い合わせすることをオススメします。

また、ハローワークのホームページには転職活動に関する情報が記載しているため、参考になるでしょう。
ピンポイントで「履歴書・職務経歴書の書き方」も詳細に掲載しています。

ハローワークインターネットサービス 「履歴書・職務経歴書の書き方」

②人材紹介サービス

2つ目は、人材紹介サービスです。
人材紹介サービスは、採用したい企業と求職者 の仲介を行うサービスのため、ほとんどが履歴書の添削も行っています。

人材紹介サービスは複数あるため、どこが良いか判断が難しいかもしれません。
ネットには、基本的な情報だけではなく、体験談、口コミなども掲載しているところもあるので、まずは確認してみましょう。

少しでも気になったら、問い合わせてみることがオススメです。

③就労移行支援などの専門サービス機関

3つ目は、就労移行支援などの専門サービス機関です。

就労移行支援は、障害者が一般企業へ就職するためのスキルの習得や就職活動のサポート、就職後の定着サポートまで行う障害 福祉サービスです。

もし、現在、就労移行に通われておらず、1人で悩んでいたら、相談してみても良いでしょう。

就労移行支援るりはりでは、履歴書の添削だけでなく、障害や働くことについてのご相談も受け付けています。気になったら一度、問い合わせください。

就労移行支援 るりはり

履歴書の添削は複数の視点からアドバイスをもらった方がベスト

「可能なら複数の視点からアドバイスをもらうのがベスト」です。

その理由としては、それぞれの経験や知識は違いがあり、複数の視点からの経験や知識によって、より書類選考通過の確率が上がるアドバイスをもらえることができます。

1つに絞らずに、ご家族やハローワーク、複数のサービス機関に相談してみましょう。

履歴書の添削を受けるうえでの注意点は3つ!

① 他者同士 のアドバイスを押し付けない

例えば、Aさんに履歴書のアドバイスをもらったとします。そして同じく履歴書のアドバイスをBさんにももらう際に「Aさんはこのように言っていました。」という伝えることは控えてください。

なぜなら、Bさんからすると「Aさんのアドバイスが正しいと思うのであれば、なぜアドバイスを求めてくるのか」と不快にさせてしまう可能性があるからです。

Aさん、Bさんそれぞれのアドバイスを自身で判断し、整理していくことが大事になります。

② 混乱する可能性がある

複数の人からアドバイスをもらうことは、自身 の中で判断して整理する必要があるため、誰のアドバイスが一番良いかを判断する際に混乱してしまう可能性があります。

当然、人によって経験や知識が違うため、アドバイス内容が全然違うあまり、自身で判断できない可能性も予想できます。

③ 最後は自分で判断する

最終的な「選考結果の責任」を負うのはご自身です。

AさんやBさんにアドバイスをもらったからと言って、AさんBさんが最終的な責任を負うわけではありません。

あくまでもアドバイスとして聞き、ご自身で整理・判断するとことが重要です。

【まとめ】履歴書の添削を受ける際は複数の視点からアドバイスをもらった方が良い


自分で整理する・判断する“難しさ”もありますので、自分一人で整理・判断が難しい場合は、アドバイスをもらう人を一人だけにする、という判断も間違いではありません。

一方でご自身の中で整理し、判断できる方は、様々なアドバイスを参考にしていただき、“自分のできる範囲”で就職活動を有効に進めて頂くことが大事です。

著者情報Startline_takano

シェア

お役立ちガイド一覧へ

「自分らしく」働くために必
要な
お役立ち情報を
お送りしています。